So-net無料ブログ作成
検索選択

騒動のクジャクは計3羽…結婚式場でも一時居候(読売新聞)

 千葉県警八千代署に雄のクジャク1羽が6日、拾得物として届けられ、茨城県神栖市の男性と千葉県八千代市の男性が飼い主として名乗り出る“クジャク騒動”──10日になって鹿嶋署に別の2羽が届けられ、この2羽は神栖市の男性の飼っていたクジャクと判明し、3羽はそれぞれ無事に飼い主が見つかった。

 鹿嶋署に届けられた2羽は雄と雌のカップルで、神栖市大野原のアトンパレスホテル内の結婚式場に迷い込み、「幸せを呼び込むクジャク」として人気を集めていた。

 同ホテルによると、5日午後、従業員が結婚式場の中庭を闊歩(かっぽ)する色鮮やかなクジャク1羽を発見。その後、式場内に入り込んでいるところを同ホテルウエディングプランナーの野口貴久子さん(35)に見つかったが、「婚礼のおめでたムードにぴったり」とそのまま中庭に住まわせた。翌6日朝には、さらに1羽増えていたという。

 2羽が寄り添って歩く様子や、緑の芝生との鮮やかな色合いに、来客から「とてもきれいで、お祝いしてくれているみたい」などと好評で、同ホテルではエサを与えるなどしてかわいがっていた。

 そんな中、八千代署でクジャクが逃げ出していることを知った野口さんが10日、交番に通報。鹿嶋署員らが捕獲し神栖市の男性の元に返された。

 男性は3羽のクジャクを飼育。八千代署に届けられたクジャクを、逃げた2羽のうちの1羽と勘違いしたらしい。同ホテルでは「飼い主が見つかって良かったが、少し残念」と複雑な表情を見せている。

<もんじゅ>NPOが抗議文 運転停止求め(毎日新聞)
本人+替え玉=双方に似る、中大入試で合成写真(読売新聞)
【徴収の現場 不況下の税金攻防戦】(上)隠し財産 暴きます(産経新聞)
外国人弁護士の法人経営容認へ=規制緩和で秋にも法案提出−法務省(時事通信)
<仙台教諭殺害>現場近くに血の付いた金属バット 関連捜査(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。